​既存住宅状況調査

中古住宅について構造耐力上主要な部分(基礎・柱・梁・土台)や屋根・外壁、設備部分等について調査を行い報告書を作成します。

宅建業法の改正に伴い説明が必要となった 既存住宅状況調査を行います。

 

【メリット】
購入予定の方:購入物件の品質の不安解消 ・低金利ローンが利用可能(フラット35(中古住宅))

売却予定の方:お引き渡し後のトラブル回避

仲介会社の方:物件の状況を明らかにした情報提供により、お客様からの信頼獲得

​費用はこちら

木造耐震診断

木造耐震診断・木造耐震改修設計・耐震改修工事
既存住宅を現地調査して耐震性を確認します。

一般耐震診断を行い不適合の場合は次に精密耐震診断を行います。

精密診断においても不適合であった場合には耐震改修設計を行い、合理的で安価な耐震改修工事を提案します。耐震状況にもよりますが、補助金を利用して工事費100万円以下を目標としています。(概算工事費を積算します)


【メリット】
住宅ローン減税が適用されます。
登録免許税が減額されます。
不動産取得税が減額されます。
地震保険の割引が受けられます。
耐震改修工事を行った場合、固定資産税が減額されます。

 

費用はこちら

耐震補強の効果はこちら

耐震リフォーム事例はこちら


 

新築住宅検査

設計事務所を通さずに新築工事を依頼した場合に建て主に代わって各種検査を行います。

配筋検査・上棟後検査・外壁工事検査・完成現場検査

 

【メリット】

第三者の立場から適正な検査を行いますので安心です。

工事中から素人では解りにくい部分も図面通りの仕様になっているか建築士が確認します。

​費用はこちら

証明書発行

フラット35(中古住宅)適合証明書・耐震適合証明書等を発行します。

​【メリット】

一級建築士の証明書で既存住宅の価値が高まります。​

​費用はこちら

Please reload

調査費用はこちら

© 2018 by okamine.co.jp

  • Facebook Social Icon

0985-20-3987

宮崎市神宮東2丁目10-29

営業時間 8:30-17:30

定休日 土日祝日

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now